スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気張りすぎでお疲れ

どうも白梅です。

その後ソシャゲの仕事はどーなったかというと。
ほぼ8割がたできててあとはカラー差分をつくるだけなかんじ。
今はクライアント様にイラレデータを渡して確認待ちをしております。

ここまで連日かかりきりになり、頑張りすぎて睡眠時間狂いまくり&寝ても気が張って寝付けないとかで
一息つけてるこのタイミングで気が抜けたのか、どかっと疲れが出てきました。

やはりイラレは下絵から完成までの作業量がぱない・・・
慣れてくると下絵をどのくらい描き込むかでイラレでの作業量が予測できるんですが、マジもうきっついです。
(用意されているパスの量がヤバい)
でも線が綺麗に思い通りに引けるからイラレでないとしっくりこないので使わずにはいられないこのジレンマ。
両手首にシップがかかせないぞ、このやろう。
つーかーれーたー。
スポンサーサイト

たのしす

どうも白梅でっす。

前回言っていた、ソシャゲのキャラデザの依頼ですが、このタイプのお仕事は初めて、
担当の方と色々と相談をしつつ進めてみているかぎりでは、
なんとなく良い調子で進行しているのではないか?そんな気がします。

いやー、やっぱり「他人から頼まれて絵を描く」というのは面白い。
相手の脳内イメージをどれだけ視覚化できるかという、このなんというか「試されている感」と言いましょうか?
数点のサンプルと片手で足りてしまうだけのキーワード、これだけでどれだけ依頼者が満足できる物を描けるのか。
面白い! 実に実に。

基本的に白梅は流行り物嫌いという捻くれた性格なので、どうしても耕されて居ない未開のジャンルへ足を伸ばしがちなのですが。
今回そこは残念ながら流行り物のオーダーを頂き、しかしそこでオーダーから逸れずに如何に自分の流行り物嫌いを混ぜ込むか。
そーんな事を考えながらラフを描いてみたら。
あらビックリ、一発で通りましたw

まぁ詳しく話しを聞くと職種の特性上通りやすいとか、修正するのも最低限の指示、とか色々あるっぽいですが。
色々と担当さんと相談しつつやってたら気にしていたほど修正を指示される事もなくトントンと進み、
白梅のほうが「あれ?こんなんでいいのか?」と不安になるくらい。
担当さんとクライアントさんのやりとりを直で見てみたいくらい若干の不安感を持ちつつも、きっと良い担当さんに見初めてもらったんだろうと勝手に納得し、作業作業です。

GWを挟んでしまったので、むしろ「終われー早く休み終われー、進展はよ!」とか。
そんな事を考えてたりもしてました。
ともあれラフもカラーパターンもある程度決まって、イラレ作業に突入です。


オリジナルはソレはそれで面白いのだけれども、無期限かつ、お題フリーなのでダレちゃうことも多々。
ちゃんとしたお仕事として絵を描ける機会があるというのは新鮮で楽しいですな!
もしコンスタントに依頼取れるようになったら締め切りやらなんやらで、そんな台詞は言えなくなるのでしょうけども、
この楽しいと思える気持ちもきっと駆け出しの今のうちだけと思うので、今のうちに存分に楽しみたい白梅でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。