スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつものように

ファイヤーシスターズを2点描き終えて、なんか燃え尽きちゃた感。

一応ネタはあるのだけれど、
「心底描きたい!カタチにしたい!」というほどのネタではなく、
「描いてみようかな、カタチにできたら面白いかな?」程度なかんじ。
前者のテンションがある作品のほうが、最終的に良い出来になってくれやすいのはわかっているけれど、こればっかりは無理やりひねり出すワケにもいかず。
だらだらと後者なテンションで、ネタとして取っておいたモノを、
下書きしちゃー消しの繰り返しで弄りたおしております。
(ちなみにファイヤーシスターズは前者なテンションでした)

次の前者のキモチはいつくるかなー。
スポンサーサイト

仕事の依頼がきた!

世の中ほんと、どこでなにが繋がるかわかりませんね。

5~6年前でしょうか、ネットゲーム・ラグナロクオンライン(通称RO)にどっぷりハマっていたころ
ゲーム内のギルドのエンブレムとしてコレを描いたのですが。
ねこHPTop_

この度、とある鍼灸師の方より「治療院開設にむけて、院のロゴマークとしてデザインを使わせてほしい」との
お話がROのギルメン経由で飛び込んできました。
正直、「へ?はい?いったい突然なんの話?」みたいなw
話を詳しく聞いて見ると、その鍼灸師さんは別にROのユーザーとかではないそうでした。

鍼灸師のシンボルマーク的なものとして太極図というものがあります、
風水などで有名な白と黒で陰陽を表したアレですね。
その太極図でカワイイ系のデザインをググって探していたところを発見し、一目惚れしてくださったとのこと。
そしてその画像の掲載元であるROの、とある個人サイトの方との話により原作者(つまり私)を特定し、
その個人サイトの管理者さんからギルドメンバーへ、つまりROのゲーム内経由でギルドメンバーから呼び出しがかかるという、そんな紆余曲折を得て、今回のお話が白梅の元にたどり着いたというワケです。

白梅自身はそのサイトを見た事が無く
「いったいどーいう経路でそんなピンポイントでこんなエンブレムをゲームしてない人が見つけてきたんだろう」
とか、思ったものですが。
打ち合わせで話を聞いて見るとググってでてきたとか仰るもので、「太極図」でググってみたら、
まさかの2スクロール目でコイツを発見ww
inyanneko.jpg
しかもたくさんあるまわりの太極図の画像の中でひときわ発する猛烈な違和感がまたすごいw
目を引いたのも納得でした。
画像から掲載サイトへと飛んで見ると、なるほど、ROの個人サイトへたどり着きました。
こーんなところで掲載されていたとは・・・まったく知りませんでした。

打ち合わせとコミュニケーションを深めるための雑談などをまぜつつお話を進めていたところで、
これまたオドロキの事実が。
その鍼灸師さん、白梅の住んでるトコの隣の隣の隣の市にお住まいでしたw
世間って狭いわー、びっくりですわー・・・

そして滞り無くというか、予想に反してアッサリと打ち合わせは終了。
結果、この陰陽猫のデザインは鍼灸師さんのもとへ嫁に行く事となりました。
要するにデザインの利用許可と、権利の譲渡の契約といった内容でした。
いやー、自分のデザインが看板のデザインに、しかもこんな形で起用してもらえる事になるとは、
夢にも思いませんでしたね!5~6年前の作品だしね!
ちなみにRO内で、データとして残っているエンブレムや、このBlogにUpしてある画像については、
契約完了後に、商用利用または、他社との再契約、をしなければ著作権には引っかからないらしいので、
このまま個人のサイトに画像としてUpしておくことについては問題ないそうです。
ただ、他でデザインとして使っちゃダメだぜ!ということになりましたのであしからず。
(個人のサイトに紹介するぶんにはいいけど、会社のロゴなんかに勝手にしちゃダメだよーってことですね!)


さてさて、治療院開設が今から楽しみでなりません、
鍼灸師さんいわく、予定では秋あたりに開設できたらいいなーといったコトでしたので
気長に待つとしましょう、でもワクワクが抑えられませんね!
大変貴重な体験をできたことに、この件で関連したみなさんに感謝であります。

Illustrator-97

tukihi_blog.jpg
【ちっちゃいほうの妹】
妹:ねぇお兄ちゃん、たまたま持ち歩いていた百本の千枚通しが、何かの弾みでお兄ちゃんに刺さってしまったとしても、それは事故というものだよね?
兄:いや、事件だ!っつうか確信犯じゃねえか!それにそのセリフはガハラさんのだし!お前が言うとまた違った味わいの恐怖を感じまくりだ! さらに付け加えるならばバールとか包丁に鍋蓋とか時系列無視しまくりじゃねぇか!
妹:あーもうあーもう、うるさいなぁ!細かいことはいいんだよお兄ちゃん、プラチナむかつく!


とか、そんなノリで火憐ちゃんに続き、月火ちゃんを描いてみた。
なんかもう火憐ちゃんを描いたからこそ、これを描くことができたと思う。
月火ちゃんは原作で阿良々木君が言っている通り、外見が内面を偽っているキャラなので
内面のヒステリックなピーキーさと、地味な外見を、静止画として表現するのに大変苦労した
物語シリーズにおける月火ちゃんにかかわるほぼ全てのアイテムを混在させることでなんとか表現できたといったかんじ。
要するに、原作を一から全部読んだ事のある人ほど、このイラストに含まれたネタが理解できると思う。

実は作画の裏話なかんじで言うと、もう一段階クオリティを上げたかった、
否、クオリティを上げれるかもしれない案があって作画に取り組んでいたけれど、
あまりのパスの多さに(データの多さ)に旧PCが悲鳴を上げ、ついには知恵熱を出し、
フリーズするという事態に陥った為、この時点で妥協せざるをえなかった事が口惜しい。

現在Illustrator10で作画をしているため、新しいPCのOS、Win7とIllustrator10の互換性の問題で
Win7ではIllustrator10が機能をフルに発揮できないのである。
はやいとこIllustratorSC5あたりを購入したいものではあるけど、先立つものが無いのでお預け
しょんぼり。

そういえば火憐ちゃんの怪異、「囲火蜂」
あれってカコイ火蜂=カッコイイ火蜂=カッコイイ火憐ちゃんみたいな
ダジャレ的連想もできるよねー、面白い。

テーマ : イラスト - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。