スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な住人のお買い物 【第3章 今後の予定】

 アートゥラが両腕を広げる。
「ヴィー様も見つかったところですし、これからどうしましょうか?」
 銀歌、美咲、莉央を順番に眺めた。
 行方不明になっていたヴィーの従者を探す。それは無事に終わった。そうなれば、銀歌たちとヴィーが一緒にいる理由は無い。
「ん?」
 ふと、銀歌は視線を移した。一匹の三毛猫が歩いてくる。首に茶色い首輪を巻いた三毛猫だった。尻尾を立てて、足音もなく移動している。
 莉央が右手を持ち上げ、ヴィーに尋ねた。
「ヴィーちゃんたちって行き先決めてる? 買い物とか言ってたけど」
「いえ、特に決めてないわね。買い物するとは決めていたけど、何を買うかまでは考えていなかったし。暇潰しみたいなものだし」
 顎に右手を添え、ヴィーがグレイブルーの目を横に泳がせる。小さく息を吐いた。外見年齢に似合わぬ落ち着いた仕草である。
 三毛猫がヴィーの足元にいる白黒猫の横に並んだ。
「なら私たちと一緒に遊びに行かないか? 旅は道連れ世は情けとも言うし、人数が多い方が何かと面白いと思うぞ」
 右手で自分たちを示し、美咲が笑う。
 銀歌たちは通行の邪魔にならないよう、道路の端の方に立っていた。後ろからは、賑やかなざわめきが聞こえてくる。煉瓦敷きの地面を歩く足音や、他愛もない雑談など。
 アートゥラが紫色の瞳をきらきらさせながら、ヴィーの後ろ姿を眺めている。
 それに気付いたわけではないだろうが、ヴィーが頷いた。
「そうね。お言葉に甘えさせてもらうわ」
「にゃー」
「なー」
 それに同意するような鳴き声がふたつ。白黒の猫と三毛猫。
「あら、いつの間に」
 ヴィーが足元の猫を見る。近付いてきた三毛猫には気付いていなかったようである。
 銀歌はヴィーと足元の猫を交互に眺め、小さく眉を寄せた。
「ヴィーって猫に好かれやすいのか? さっきからずっと付き従ってるけど。まさか魚とかの匂いがするわけじゃないだろうし」
「猫だけじゃなくて犬にも好かれるわね。人徳かしら?」
 首を傾げ、ヴィーは冗談のような事を口にする。猫や犬に好かれるのは本当だろう。時々そういう素質のようなものを持つ者はいる。人徳かどうかは、分からないが。
「猫って可愛いですよねー」
 アートゥラが腰を屈めて猫を撫でていた。六本の腕を駆使して。頭を撫でたり、耳の裏を指で掻いたり、顎や首筋を指でくすぐったり。猫の扱いは慣れているようだった。
「親が猫アレルギーじゃなかったら、私も飼ってたんだけど」
 美咲と莉央もその隣に屈んで白黒の猫を撫でている。
 元々飼い猫で、人懐っこい気質なのだろう。撫でられたりするのも慣れているらしい。三人に撫でられながら、嫌そうな素振りもみせない。
 三毛猫をじゃらしながら、アートゥラが視線を持ち上げる。
「猫も可愛いですけど、狐も可愛いですよねー。ツンとしている耳とか、触り心地良さそうな毛並みとか、もふもふの尻尾とかー」
「………」
 向けられた輝く視線に、銀歌は思わず一歩後退った。猫や美咲たちは気付いていない。獲物を前にした蜘蛛のような、気配の無い気迫。
 横を見ると、ヴィーが立っていた。素っ気なく言ってくる。
「あなた、アトラに気に入られてるようね。おめでとう」
「おめでとうって、おめでたいか……? いや、本気で言ってるよな。ソレ」
 ヴィーの顔を見つめ、銀歌は瞬きをした。皮肉か冗談のように聞こえるが、ヴィーは言葉通りの意味で言っている。
 ゆったりと横に二歩足を進め、ヴィーは緩く腕を組んだ。
「思い切り抱きしめたり撫でたりもみくしゃにしたり。ちょっと乱暴だけど、それは愛情の表れよ。あなたは実際に可愛いのだし。そう引く事もないと思うわ」
 至極真面目にそう説明する。その言葉には妙な重みがあった。常日頃からアートゥラに愛情表現としてもみくしゃにされているのだろう。
「納得できるようで、全然納得できないような気がする」
 額に手を当て、銀歌は目蓋を下ろす。
 ヴィーは無言で首を振った。
 視線を戻すと、アートゥラは猫に意識を戻していた。
 ゆっくりと揺れる尻尾を見つめ、莉央が呟く。アートゥラの台詞への応えだろう。
「狐いいですよねー。尻尾ももふもふで。滅多に見られないけど」
「一度でいいから、あの尻尾を思う存分もふってみたい。きっと気持ちいいんだろうな。引っ掻かれそうだけど」
 と、苦笑する美咲。
 無意識だろうか、二人も銀歌に目を向けていた。
 ヴィーが小さな声で言ってくる。
「さっき人間の振りをしているって言ってたけど。あたなが狐であることは、薄々勘付かれているようね。大丈夫かしら?」
「前に一度、訳あって狐だってバレた事があるけど、今は忘れているはず」
 頬を引きつらせつつ、銀歌は声を絞り出した。
 以前、色々あって銀歌が妖狐であると二人にバラした事がある。その時は有無を言わさず耳や尻尾を弄られまくった。腰が抜けて動けなくなるくらいに。
 アートゥラたちは飽きずに猫を撫でている。
 このままだと話が進まないと判断したのだろう。
「まずはおやつが食べたいわ」
 高らかに宣言してから、ヴィーが勢いよく右手を伸ばす。
 その人差し指が示しているのは、通りの向かいにある鯛焼き屋だった。赤い大きな看板が目に入る。正面ガラス張りで、鯛焼きを作っている様子が外からでも分かる。
「鯛焼き?」
「鯛焼きですかー。軽食としては丁度いいですねー」
 猫を撫でるのを一時中断し、美咲たちは鯛焼き屋に目を移した。
 五人で道路を横切ってから、鯛焼き屋の前で立ち止まる。まずは、品書きを見て各自何を頼むか決めなければいけない。
 二匹の猫がヴィーの足元に歩いていく。
「何でもあるな」
 売っているものは小倉餡や白餡などから、ジャーマンポテトなどまで幅広い。お茶やラムネなどの飲み物も売っている。思わず感心するほどの品揃えだった。
「みなさん、何を食べますかー? 注文はわたしに任せて下さい」
 楽しそうに笑いながら、アートゥラが挙手をする。大勢で注文を頼む場合は、誰かが全員分を覚えて、まとめて注文する。その方が、手間が掛からないものだ。加えて、アートゥラは単純に注文をしてみたいようである。
 品書きを一瞥してから、銀歌は答えた。
「あたしは抹茶餡」
「私はジャーマンポテトを頼む」
「わたしはカスタード」
 続けて、美咲と莉央が続ける。
 アートゥラは一対の腕を組み、別の右腕で眼鏡を動かした。
「わたしは、そうですね。チョコレートにしましょう」
「私は――」
 最後に、ヴィーが口を開いた。
「小倉餡子。箱で」
「え?」
 銀歌、美咲、莉央の三人がヴィーを見る。
 小倉餡の鯛焼き、十個。普通一人で食べきれる量ではない。しかし、ヴィーは普通に食べる気のようだった。いきなり見つめられた事にきょとんとしている。
「すみませーん、おじさん。えっと、抹茶餡にジャーポテ、カスタードにチョコレート。あと、小倉あん十個お願いしますねー」
「あいよー」
 楽しげに注文するアートゥラに、店員が頷いていた。

スポンサーサイト

Illustrator-91

AMMI_.jpg 【AMMI】

pixivに参加しているという方の看板娘、アンミちゃんです。
この方はモノクロ、もしくはモノクロ+1カラーなイラストを書くことが多いのですが、
まぁなんというかセンスが凄い。
かなりシャープなラインとたまに色をつけるそのモノトーンの深みがイイ味を出してて大好きです。
でもってこの方、突発的に「ジト目フェスティバル」なる企画をpixivで立ててまして。
モノクロ+ジト目縛りな企画でとてもツボだったりします。
が、気づいたときには終わっていたとか、他にやることがあって参加しそこねたとかあって
過去一回しか参加できてません(´・ω・`)

んでもって今回、時間がとれてたので「描いてもいいのよ」タグがついてた看板娘のアンミちゃんを描いて見ました。
前々からイラレで描いたらどーなるんだろうって思ってたんですよね。

テーマ : イラスト - ジャンル : 趣味・実用

Illustrator-90

RIN_3.jpg 【鏡音 リン】

新作完成!ヾ(゚ω゚)ノ゛
鏡音のリンちゃんです!
どっかでみたことある構図だと思いませんかっ?
実はコレ昔描いたコレ↓のリメイク作品であります。
RIN_20100211081453.jpg

旧作品を完成させどうにも気に入らない部分が色々あって、いつか描き直そうと思っていたワケなんですが。
まぁ予定は未定でほったらかしになってましたw
ところがどっこい、ピアプロにて旧作をオリジナル曲のために使わせてほしいとのお声がかかりました。
しかし私用ならいざしらず、他の方に納得のいかない作品を提供するのはちと思うところがあり、
今回のリメイクとあいなったわけです。

旧作は人体構造的にも妙な部分が多々あったので、構図と衣装を参考としてラフを一から描きなおしました。
でもって仕上がった結果・・・
リンちゃん成長しちゃいましたとサw
まぁアリだよねw
中学生から高校生くらいの体格になってしまった・・・

リメイクにあたり折角なので依頼者に希望を尋ねてみたところ、
「孤立した中で気丈に受け流しながらも寂しさと静かな怒りを抱えるリン」
と、いう雰囲気に合うリンを探していて旧作に行き着いたとか。
イヤイヤ腹黒リンなんですがっ!

リメイク版は希望に添うように雰囲気というか表情を固めに、意志の強さをだしてみた・・・つもり?
出てるかなぁー、雰囲気出せてるといいなぁ
そんなわけで、今回のリンは個人的には満足な仕上がりとなりました。


テーマ : イラスト - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。