スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な住人のお買い物 【第2章 従者を探せ】

 商店街を四人で歩いていく。
 よく分からない展開に、銀歌はこっそりとため息をついていた。莉央が拾ってきた、アンデッドの少女。普通の人間である美咲や莉央は、あまり人外の世界に近づけたくはないのが本音である。
 莉央がヴィーに声を掛けた。
「で、ヴィーちゃんの従者ってどんな人なの?」
「そうね……」
 右手の人差し指を顎に当て、ヴィーが視線を上げる。その足元では、付き添うように猫が歩いていた。ぴんと尻尾を立てて。懐かれたようである。
「名前はアートゥラ。外見は……そうね……。身長二百十センチの大女……かしら。一目見れば、すぐに分かる姿をしているわ」
 と、グレイブルーの瞳を銀歌たちに向ける。手短な説明だった。
 莉央が首を傾げる。
「身長……210? インチの間違いかな? うーん、インチじゃ逆に大きくなるよね」
「一インチは二センチ半だから。それじゃ五メートル越えるぞ」
 手早く頭の中で計算し、銀歌は莉央に眼を向けた。
 ヴィーの口から出てきた二百十センチという身長。普通に考えると、人間の身長ではない。真っ先に単位の間違いを思いつくくらいに。
 ぽんと手を打ち、美咲が口を開いた。
「二百十バーレインコーン、とか?」
「バーレインコーン?」
 訊いた事の無い単位に、銀歌が聞き返す。莉央も同意見のようだった。
 会話が止まり、周囲の雑踏が耳に入ってくる。他愛の無い話をしている友達や男女、親子もいるようだった。典型的な商店街の風景。店の売り子が元気に声を上げている。
 しかし、答えたのは美咲ではなくヴィーだった。少し得意げに。
「インチの起原のひとつよ。イングランド王が大麦の粒を縦に並べて一インチとした。その大麦ひとつ分の長さをバーレインコーンと呼ぶ。つまり、三分の一インチ。マニアックな事を知ってるわね」
「そう、それ」
 笑顔で頷きながら、美咲がヴィーを指差す。
「昔、単位の解説本で読んだのが、頭に残ってた」
「ヴィーちゃん、小さいのに物知りね」
 莉央がヴィーの頭を撫でている。子供を褒めるように。
「雑学というものは、知らないうちに増えていくものらしいわ」
 何か思う事あるらしく、遠い眼で空を見上げている。莉央に頭を撫でられたまま。なんともいえぬ、不釣り合いな光景を作り出していた。
 銀歌は咳払いをして、強引に話を戻した。
「それで、執事の他に特徴は?」
「そうね……」
 ヴィーが銀歌に向き直る。
 莉央も手を引っ込めた。美咲は緩く腕を組み、ヴィーに眼を向ける。
「肌は浅黒いわね。髪の毛の色は赤いメッシュの混じった黒色、髪型は内巻きのマッシュショートヘア。眼は紫色で赤い眼鏡をかけているわ。スタイルはかなり立派ね。服装は普通の制服かしら。あと、腕が六本」
「……?」
 その場の空気が固まる。
 ごく普通の流れで付け足された、不可解な言葉。
「……六本って?」
 莉央と美咲が顔を見合わせ、両手を持ち上げている。
 腕が六本。普通にそんな人間がいるわけがない。しかし、人間でなければ、腕が六本というのも、身長が二メートル越えているのも、それほど不思議ではない。ようするに、ヴィー同様、人の姿をした人でない者なのだろう。
 疑問符を浮かべる二人に、ヴィーが静かに声をかける。
「世の中には、人智の及ばない不思議な事が色々とあるらしいわ。ね?」
「なんで、あたしに振るんだよ」
 不意に言葉を振られて、銀歌は慌てて言い返した。
 ごくりと唾を飲み込み、冷や汗を流す。銀歌自身、半妖狐という、人間外の者だ。しかし、今はこうして女子大生の振りをしている。ヴィーもそれを分かっているので、軽くからかったのだろう。
 美咲が背筋を伸ばし、額に手をかざした。遠くを眺めるように。
「とりあえず、そんなに目立つ姿してれば、すぐに見つかるんじゃ――」
「あ。いた」
 莉央が人差し指を持ち上げた。
 少し先の通りから、長身の女性が現れる。
 二メートルを越える身長に浅黒い肌。赤いメッシュの混じった黒髪。紫色の眼に赤い眼鏡を掛けている。モデルばりのプロポーション。その身体を包むのは、ぴしっとアイロンの効いた高級そうな背広だった。そして、腕が六本。
「蜘蛛の化生――?」
 銀歌は小声でそう独りごちる。微妙に違うが、大体あっているだろう。魔術を纏って人外な姿を微妙に眩ませているようだった。
 大女はごく自然な足取りで道を横切り。
「ん?」
 何故か銀歌の前まで歩いてきていた。それが当たり前の動きのように。意識の向きと行動の向きをズラすという、意味もなく行われる高度な技術。六本の腕を広げ、幸せそうな笑顔で抱きついてくる。
 タッ!
 煉瓦敷きの地面を叩くように蹴り、銀歌は大きく跳んだ。意識だけをその場に置き去りにするような錯覚とともに、地面を二度蹴って三メートルほど後退する。
「さすが、素早いなー」
 美咲が感心している。銀歌の行った後退だろう。体勢を崩さずに後ろに跳ぶというのはかなり難しい。陸上競技をやってる美咲は、銀歌の身体の柔軟性が分かるようだった。
 さておき。
 何も無い空間を抱きしめ、女が肩を落とす。
「あらー、残念」
「なにさらっと抱きつこうとしてる!」
 緩く戦闘態勢を作りながら、銀歌は叫んだ。
 女は落ち着いた笑みを浮かべたまま、右手を一本を左右に動かしてみせる。
「変な事をおっしゃいますねー。可愛いものを発見したら、とりあえず抱きついたり撫でたりすりすりしたりして愛でるのは、世界の常識ですよー?」
 きらりと紫色の瞳が輝いた。謎の論理を謎の自信を以て言い切っている。冗談などではなく、本気だろう。そんな独自の価値観を持つ者は、時々存在していた。
 返す言葉が浮かばず、銀歌は口を閉じる。目蓋を下ろし、肩を落とす。
 背後から静かな声が聞こえてきた。
「うむ。まさに常識だ」
「義務って言い換えてもいいかもしれないね」
 腕組みしている美咲と、深々と頷いている莉央。
「そっちもおかしいぞ」
 銀歌は力無くそうツッコミを入れた。分かってはいたが、この二人も向こう側の住人である。そこにいる自分自身。正常と異常との境界が曖昧となり、自分がどこに立っているのか分からない。どこか船酔いに似た感覚に、頭を抑える。
 混乱する銀歌を余所に、美咲が声を上げていた。
「ところで、あなたはアートゥラさんですか?」
「はいー」
 と頷いてから、女は不思議そうに首を傾げた。
「確かに、わたくしがラートロデクトゥス・ルビル・アートゥラですが……。あなたは、どちらさまでしょうかー? どこかでお会いしたという記憶はございませんがー?」
「この子が探してました」
 莉央がヴィーの肩を掴み、アートゥラの前へと差し出す。
 一度呆気に取られたように瞬きをしてから、アートゥラがヴィーを凝視した。紫色の瞳を大きく開いて。紫色の眉だと思った部分も眼らしく開いている。
 ヴィーの表情は変わらず。軽く右手を持ち上げた。足元には猫。
「ヴィー様! こんな所にいたんですかー」
 そう叫ぶなり、ヴィーに抱きつくアートゥラ。六本の腕で小さな身体を抱きしめ、頬摺りしたり頭を撫でたりしている。それはさながら蜘蛛の補食を思わせた。
「ようやく見つけました。探しましたよー。何してたんですか?」
「ちょっと誘拐されかけてただけよ」
 あっさりと、ヴィーが答える。こちらも冗談とも本気ともつかぬ口調で。そして、アートゥラにもみくしゃにされながら、意に介していない。微かに眉を動かす程度だった。このような状況に慣れているのかもしれない。
 銀歌は舌で唇を舐めた。
 ヴィーから離れたアートゥラが、唇を少し曲げる。
「誘拐ですか。それは不穏当ですねー」
 ヴィーが乱れた髪の毛や衣服を直していた。
「話によると――」
 話がおかしな方向に行かないうちに、銀歌は口を挟んだ。軽く吐息し、前髪を左手で払う。ヴィーの足元に座っている猫を指差しながら、
「その猫眺めてたら、莉央に猫ごと連れてこられたらしい。誘拐ってのは誤解だ。でも、可愛いからって子供を連れてくるってのは、充分に問題だからな。あとで莉央には言い聞かせておく」
「すみません」
 あまり悪びれる様子もなく、莉央が頭を下げる。
 腕を組みつつ、アートゥラも頷いた。頬を赤くして、満足げな表情で。
「ヴィー様、可愛ですからねー! それなら仕方ありませんねー」
「そういう問題かしら?」
 こっそりとヴィーが呟いた。

スポンサーサイト

さて次は?

更新があんまりないねーと一部よりツッコミが入ったので近況とかー。

イラコン用に一点制作中だったりします
何のイラコンなのかは内緒っ。
あとはニコニコ静画のコメに「サックスを持ったミクが見たい」ってのがあったので
ちまちまラフを描いてるくらい。
イラコン用作品に集中してるので、それがすんだら溜まってる描きたいものをつらつらと描いていこうかなぁと思ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。