スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な屋敷のお呼出 【第3話 泥棒の正体】

 翼を広げて、アタシは窓に近づいた。右手には魔剣を持ってる。
 二階の西から二番目の部屋。かなり広い。手鏡を使って中を見ると、暗い部屋
に箱がいくつも置かれていた。普段は物置代わりにされているらしい。人の気配
は無いけど、誰かいるのは分かる。
 さて、手短に終わらせるか。
「Break Lock……」
 ガチャ。
 魔法で鍵を開け、わざと音を立てて窓を開け、部屋へと飛び込む。
「!」
 動揺する気配。
 木箱の近くに、誰かいた。フード付きの白いマントをかぶった人影。茶色い瞳
がアタシの姿をを捉える。ちらりと見えた白い肌と金色の髪の毛。
 一瞬女かと思ったけど、おそらく男だ。しかも、少年と言えるくらいの年齢。
「ここで何してるんだ?」
「っ!」
 アタシの言葉に人影が跳ねるように立ち上がり、ドアへと走った。その走り方
に違和感を覚える。まるで障害物が無いような走り方。そして、ドアに突っ込む

 人影はドアをすり抜けた。
「予想はしてたけど、幽霊の類か」
 アタシは埃まみれの部屋を突っ切り、ドアを蹴り開けた。
 廊下へと飛び出し、魔剣の切先を動かす。
「挟み撃ち完了」
「ふっふーん。簡単には逃げられませんよー?」
 人影の前に立ちはだかっているのは、アートゥラだった。右手の一本で眼鏡を
動かし、薄い笑みを浮かべている。人影との距離は十メートルほど。
「二人とも頑張りなさい」
 その後ろに、やる気無さげなヴィーが立っている。
「くっ」
 人影はアタシとアートゥラを交互に見てから、アートゥラの方へと走った。こ
こはやや予想外。アタシの方に来ると思ったけど、武器持ってると迫力増すか…
…。
「こちらに来ましたか。いいでしょう、わたしの実力、見せてあげます!」
 八つの眼を見開き、アートゥラが高々と宣言。六本の腕を広げた。バイーンと
か音立てそうな勢いで胸が跳ねる。合計三十本の指から放たれた無数の糸が、縦
横無尽に空間へと伸び、廊下を一気に封鎖する。そのほぼ全てが、極細の切断用
糸。
 普通にすげぇ! 殺る気満々!
 だけど、走る人影は糸をすり抜けていた。
 ――って、駄目じゃん!
「あらー……?」
 両腕を下ろして冷や汗を流すアートゥラ。
 アタシは魔法強化から駆け出そうとして――糸邪魔ッ!
「ふぅ。ここは私に任せなさい」
 ため息混じりに呟くヴィー。物凄く上から目線でアートゥラとアタシを見てか
ら、左足で廊下を蹴り、跳び上がった。自分の身長を越えるくらいの高さへと。
そのまま右足を振り上げ、人影の頭目掛けて振り抜く。
 だが、飛び蹴りはあえなく空を切った。
 くるりと一回転してから、ヴィーが廊下に降りる。
「ひとまずこれで終わりね」
「当ってねーだろ!」
 アタシが叫んだ直後……
 糸が切れたかのように、人影は仰向けに倒れた。
「あれ?」
 呆然とするアタシに、ヴィーが得意げに眉毛を動かす。
「パラライズよ。攻撃はミスでも、追加効果はきっちり発動する仕様よ。ま、誰
しも隠し芸のひとつやふたつ持っているものね」
 人差し指を左右に振りながら、グレイブルーの眼をきらりと光らせた。その態
度がとってもムカつく。でも一応、これで不審者は無力化されたわけだ。
「さすがは、ヴィー様……」
 感心しながら、糸を回収するアートゥラ。六本の腕で廊下に張られた糸を引き
寄せ、毛糸のように丸めていた。数秒でピンポン球くらいの塊になる糸。それを
ポケットにしまう。廊下から糸が消えた。
 ヴィーとアートゥラが、倒れた人影を見下ろす。
「私の見立てでは、かなーり珍しいタイプのゴーストみたい。ドアすり抜けるし
、アトラの糸もすり抜けるし。実体は凄く薄いのに、存在は凄く濃いわ」
 と、アタシを見る。
 確認はアタシの仕事ってか……?
 額を押さえて嘆息してから、アタシは動かない人影に近づいた。左手を伸ばし
て、マントを掴み取る。多少不用心な気もするけど、ここから復活は無いだろう

「ぅー……」
 十代前半の少年。頬にそばかすが見えた。伸ばした金髪を首の後ろで縛って、
修道服のような白い服を着ている。身体が細く女顔で、少女に間違えられそうな
雰囲気だ。
 全身が痺れに手足を震わせていた。
 振り向くと、二人が興味深げに少年を見ている。
「こいつ、お前らの知合いか?」
 視線で少年を示しすアタシに、アートゥラが首を傾げた。
「残念ながら、わたしの知合いではないようですねー。ヴィー様は?」
「私も知らないわ」
 こちらも即答。
 この二人の関係者かとも思ったんだけど、違うらしい。
 ここは素直に当人に尋ねるべきだろう。
「誰だ、お前?」
 魔剣を見せつつ、アタシは声をかけた。
「それは……こっちが……訊きたいですぅぅ……」
 廊下に倒れたまま、少年は擦れた声で答える。声も満足に出せないようだ。ヴ
ィー本人はさらっと言ってたけど、かなり強力な麻痺らしい。事実ほとんど動け
ていない。
 さておき、どうやら訳ありの様子。
 アタシは振り返って、アートゥラとヴィーと顔を見合わせた。
「あー……。ぼくはここで食べられてしまうのか……。せめて、自分の名前くら
いは……思い出したかったのに……。あんまりだー……うぅ」
 両目から涙を流しながら、少年が唇を噛む。震える手の平を握り締めていた。
絶体絶命の危機を嘆いているようだけど、そんなに悲壮感が無いのは何でだろう

 なんとなく事情を察したのか、アートゥラが安心させるように優しく声を掛け
る。
「幽霊なんて食べませんよ、わたしはー。ヴィー様はどうか知りませんけど」
 と、ヴィーを見るけど、当人は表情を変えず。
 多分、食べるのではないだろうか?
 顔には出さずそう考えながら、アタシは少年が被っていたマントを眺めた。左
手で掴んでいるのに、掴んでいる感触がない。実体のある布ではなく、かなり実
体の薄いものだ。例えるなら、マントの幽霊か。
「ぅ?」
 少年が泣くのをやめて、アートゥラを見上げる。その眼に映る希望の光。
 近づいてきたヴィーが、少年の横に屈み込む。
「何か訳ありのようね。私の家のものを盗んだことは一時不問にしてあげるから
、事情を説明してくれないかしら? 事と次第によっては協力してあげてもいい
わよ」
「説明しますー……」
 再び泣きながら、痺れた身体で必死に頷いていた。
「リリルさん、麻痺治せますー?」
 アートゥラが声を掛けてくる。
 アタシが眼を向けると、ヴィーは両腕を広げて首を振ってみせる。自分は麻痺
を治せないって意味だろうけど、なぜか自信満々な態度。
「それくらい覚えろよ」
「めんどいわ」
 アタシの意見にヴィーは即答した。
 ここまで開き直ってるのも逆に清々しい気がするけど……ま、いいや。左手に
持ったマントを放り捨ててから、アタシは魔法を組み上げ、少年に空いた左手を
かざす。
「Detoxication」
 魔法や術から起こる体調異常を回復させる魔法。ヴィーの麻痺攻撃は強力なの
で効くかどうか怪しかったけど、ちゃんと効いたようだ。手足の震えが消える。
 のろのろと少年がその場に身体を起こす。
「あ、身体が動く……」
 手を開いたり握ったりしながら、回復を確認している。
 その仕草を見ながら、アタシはさりげなく立ち位置を移した。少年を挟んで、
ヴィーの反対側へと。ここから逃げるとは思えないけど、万が一もあるからな。
「さて、事情を説明してもらおうか?」
 魔剣を動かしながら、アタシは改めて尋ねた。ドアすり抜けたり、糸すり抜け
たりするけど、魔剣の魔力やアタシの魔法はすり抜けられないはず。
 少年が白刃を見つめ、息を飲み込む。
「あまり脅かしちゃ駄目よ、リリル」
「そうですよー、怖がってるじゃないですかー」
 何でアタシが非難されるんだよ?
 視線を飛ばすが、二人はスルー。
 少年がヴィーたちに向き直り、首を捻る。
「えっと、どこから説明すればいんでしょうか……」
「さっき名前を思い出したいとか言ってたけど、そのままの意味でいいのかしら
?」
 確認するようなヴィーの問いかけ。
 少年は右手で頭をかきながら、照れたように頬を赤くしていた。
「ええ……。ぼく、自分が誰か分からないんです。名前も思い出せなくて……」
「いわゆる記憶喪失でしょうかねー? 人が幽霊になる時に、記憶を失うという
ことはあるみたいですけど、あなたはそういうのとは違う気がしますー」
 アートゥラが額の斜め上あたりに目を向けた。一対の腕で腕組みをして、右手
の一本を頬に当てている。色々と不自然なものを感じるのだろう。
 ヴィーがその場に立ち上がった。
「とりあえず廊下で立ち話も何だから、ダイニングに行きましょう」
「お茶とお菓子も用意しますねー」
 アートゥラが笑顔で続ける。
 この二人、一応こいつが泥棒って事は理解しているよな……?


スポンサーサイト

赤ペン少女

ジト目フェスティバル2 「赤ペン少女」

えー、例のコラボのミクさんにかかりっきりでネタが無いもので放置気味でありました。
白梅です、生きてます。

ミクさんでちょいと躓き中なので気分転換にラクガキ。
Pixivで「じとめふぇすていばる」なる企画が開催されていたので突撃。
ジト目いいよジト目。
なんで書道なのと問われると、なんとなくとしか答えようがありまっせんヾ(゚ω゚)ノ゛
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。