スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な屋敷のお呼出 【第2話 捕獲準備開始】

 椅子に座ったまま、視線を泳がせる。
「しかしなぁ」
 アートゥラに連れてこられたダイニングキッチン。
 高級な食器や棚が並んでるけど……どこから調達してるんだろうな? ここに
あるものだけで、小さな家なら買えるぞ。まあ、他人の懐事情には踏み込まんけ
ど。
 流しやコンロはアートゥラに合わせてるのか、かなり高い。ヴィーが使うには
踏み台必要だろうな。
「どうかしましたー?」
「ん。いや、何でもない」
 アートゥラの言葉にアタシはテーブルに目を戻した。テーブルにはパソコン印
刷された屋敷の見取り図が置かれている。話を聞く限り、盗まれているのは主に
食料品。そして、日用品がいくつか。これだけで、大体相手のことが分かる。
 正面の椅子に座っているヴィーとアートゥラに目をやり、
「このデカい屋敷に実質二人暮らしで、空き部屋沢山。見た感じ屋根裏も簡単に
入り込めるようだし、何か住み着いてるんじゃないか? 人間とか妖怪とか」
「そうなんですよねー。だから、色々罠張ってみたんですけど――」
 と、床や空中に指を向けるアートゥラ。
 一見すると何も無いように見えるが――目を凝らすと糸のトラップが仕掛けら
れているのが分かる。床には粘着糸が敷かれてるし、空中には極細の糸が張って
ある。よく見ないと気付かない仕掛けだ。
 仕掛けの出来はともかく、気になることがひとつ。
「この粘着糸はともかく、こっちは本気で殺す気だな……」
 躊躇無く空中に張られた糸に、アタシは目蓋を下げる。背筋を撫でる悪寒に、
尻尾が揺れた。成人男性が立った首の位置か、腰をかがめた顔の位置を狙ってい
る。剃刀並によく切れる糸に、急所から突っ込んだらどうなるか――洒落になら
ん。
「強力なトラップよ。私は両方引っかかったわ」
 紅茶をすすりながら、ヴィーが片眉を持ち上げる。
 なんで、得意げなんだよ……。
 パチン、とアートゥラが両手を打ち合わせた。嬉しそうに笑いながら、
「あの時は大変でしたねー。ヴィー様、わたしを呼んでくださればいいものを、
自分で無理に糸剥がそうとするから、凄い格好になってましたから。本当にー」
「そっちの細い糸に引っかかった時は死ぬかと思ったわ。もう死んでるけどね」
 切断用の糸を指差しながら、ヴィーがそう言った。眉を微かに内側に傾け、瞳
に自信に満ちた光を灯している。とっておきのギャグらしい。
 ツボに入ったのか、アートゥラが俯いて口を押さえ、肩を震わせている。
 アタシは構わず目を動かした。屋敷全体を示すように。
「屋敷内にいるなら、ネズミ探すのは簡単だろ」
「簡単って……ずいぶんあっさり言ってくれるわね?」
 ティーカップを起き、ヴィーが口を尖らせる。
「探索系魔法使えば簡単だ」
 アタシは右手を持ち上げ、そこに魔力を集めた。魔法式を組み上げ、魔力を魔
法へと組み替える。基本的な魔法なので、構成呪文は必要もない。
「Search Armillary」
 手の中に生まれる淡い金色の球体。直径は二十センチほどか。天球儀のような
形で、中に光の点が四つ輝いている。みっつはすぐ近くにあるけど、
「――いた」
 よっつめの光点。これが、この屋敷にいる不審者だ。
 アタシは光球を持ったまま、屋敷の見取り図に目を向ける。球体内の魔力を操
作し、屋敷の図面を作り上げる。よっつめの光点がある位置は――
「二階の西から二番目の部屋だ。今は動いていない」
「あららぁ……」
 アートゥラが乾いた笑いを浮かべ、右手の一本で後ろ頭をかいた。
「本当にあっさり見つけちゃいましたねー。こうも簡単に進むと凹みますよねー
……。わたしたちの今までの努力は何だったんでしょうねー……」
「さすがは私が見込んだだけのことはあるかしら?」
 なぜか得意げにヴィーが頷いてる。
 お前は何もしていないだろ……。
 アタシのジト眼は無視して、続けて言ってきた。
「で、どう捕まえるつもり?」
 その問いに、アタシは光球を消してから、テーブルに置かれた見取り図に指を
向ける。二階の西から二番目の部屋。物置らしく左右の部屋とは繋がってはいな
い。入り口は廊下のドアと、窓のみ。逃げ道が少なく、あまり隠れるのに適した
部屋ではないけど。
 アタシは部屋の外を指差しながら、
「アタシが窓から入る。部屋で捕まえられればヨシ。逃げられてもすぐ捕まえら
れるように、アートゥラは廊下で待機しててくれ」
 と、廊下側に指を置く。
 ついでに、釘刺し。
「そんなに強い相手とは思わんけど、一応気を付けろよ」
「挟み撃ち作戦ですねー。分かりましたー」
 手の平を握りしめ、楽しそうにアートゥラが笑っている。
 侵入者捕獲作戦のどこが楽しいのかは分からないけど……もしかしたら、鬼ご
っことか隠れんぼのような感覚かもな。元々蜘蛛の化生みたいな女だし、そうい
う邪気のない残酷さを持っているのかもしれん。糸のトラップも、容赦ない事し
てるし。
「なら、私は何をすればいいかしら?」
 ヴィーが自分の胸に右手を当てる。
「こう見えても魔術士のはしくれよ。世間じゃ"闇と夜と恐怖の覇者"とか"破滅と
瘴気の渦巻く死者の王"とか迷惑極まりない肩書きをつけられている存在らしいけ
れど、一応相応の能力はあるのよね?」
 と、眉を持ち上げみせた。
 謙遜しているのか、自慢しているのか、いまいち分からん。だが、物騒な肩書
きの通りの力はあるんだろう。こいつは見掛けとは裏腹に、力は凄い。力は凄い
のに、その説得力が微塵も無いというか、色々気になる事はあるんだが。
 アタシは眉を寄せてからヴィーの仏頂面を睨み付けた。
「……そんな力あるなら、何で自分でネズミ探ししないんだよ。対して難しいも
んじゃないだろ、このレベルの探知は?」
「私が勉強した魔術の類にそんなもの存在しなかったわ!」
 腕組みして、胸を張るヴィー。
 なんでそんなに偉そうなんだよ……。
 アタシは右手で頭を押さえ、片目を閉じた。無駄と知りつつ、訊いてみる。
「習わなかったのか、探知術……?」
 魔術を習うなら、少なくともどこかで探知系の術は教わる。たとえ、その後探
知術を使うことが無くとも。広範囲に魔力を広げるとか、展開した魔力で周囲の
情報を察知するとか、そういう技術の練習になるからだ。
「独学よ。だって私、天災ですもの!」
 芝居がかった動作でバシと自分の胸を叩き、ヴィーが鼻息を吐く。
 これって何かの小芝居なのか?
 パンと手を叩きながら、アートゥラが続ける。
「わぁ、ヴィー様災害指定ですねー。さながらヴィー・ザ・スタンピード?」
「ネタが分かる自分が嫌だ……」
 両手で頭を抱えて、アタシはテーブルに突っ伏した。
 とりあえず、大体分かった。使える系統が極端に偏ってる術師ってのは存在す
る。突然本人の意図しない形で強大な力を得てしまった場合だ。ヴィーはその手
のイレギュラーなんだろう。加えて、独学じゃ系統が偏るのも当然だ。偏りすぎ
だけど……。
 アタシは顔を上げてから、ため息混じりに告げる。
「じゃ、お前の仕事はアートゥラの援護」
「………。アトラが援護の間違いじゃないかしら?」
 数拍の沈黙を挟んでから、ヴィーがかなり不服そうに言い返してきた。
 実力を考えれば、ヴィーの援護をアートゥラがやるべきなんだろう。だけどあ
いにく、世の中馬鹿力"だけ"でどうにかなることは少ない。
 アタシは緩く腕を組み、真正面からヴィーを見据えた。
「もう一度訊こう。何で今まで自分で探せなかった?」
「むぅ」
 明後日の方へと目を逸らすヴィー。
 その肩に、アートゥラが両手を置いた。
「一緒に頑張りましょうねー、ヴィー様」
スポンサーサイト

不思議な屋敷のお呼出 【第1話 召喚、拒否権無し】

 窓から入り込む日の光に、アタシは目を開けた。
 朝の澄んだ空気が意識に染み渡る。
「さて、ここはどこだ?」
 上半身を起こして目を擦りながら、部屋を見回した。
 記憶にある限り、アタシの知っている場所じゃない。
 清潔そうな白い壁と白い天井、アタシが寝ているのは、高級なダブルベッドで
ある。洗濯されたシーツの香りが心地よい。その他高級そうな家具がいくつか置
いてあった。開いた窓の外には青い空と緑の木の葉。レースのカーテンが揺れて
いる。
「おはよう、リリル」
 窓を開けたのは、見知った女の子だった。
 見た目十歳くらい。実年齢は自称三世紀以上。長いプラチナブロンドの髪と、
白っぽい肌。あと、青味がかった灰色のジト眼と広いおでこ。部屋着らしい水色
のシャツとデニムのハーフパンツという格好で、窓の横に立っていた。
 ヴァリガルマンダ……じゃなくて。長ったらしい名前のアンデット娘、ヴィー

 微かな足音を立てながら、窓辺からベッドの横に歩いてくる。そして、どこか
芝居がかった無意味な優雅な動きで、アタシの前に右手を差し出した。
「いらっしゃい、歓迎するわ」
「またお前か!」
 跳ね起き掴み掛かるが、ヴィーは後ろに下がって手から逃れる。
 チッ、意外と素早い!
 とりあえず、ヴィーはどうでもいい。この小娘を捕まえても進展無いし、今は
他にやるべき事がある。ベッドの横に両足を付き、アタシは自分の頬を引っ張っ
た。
「これは夢か――夢なんだな。なら即座に、今すぐ目覚めろアタシ!」
「無駄な努力ね……」
 ヴィーがため息付いてるが、無視ッ!


 頬を引っ張ったり、頬を叩いたり、その場で思い切り動いてみたりしたが、効
果無し。明晰夢から目覚める方法とか、幻術破りとかも試してみたけど、効果無
し。
「何なんだよ、チクショウ……」
 自分の現実に戻るのは諦め、アタシは肩を落としていた。激しい動きはしてな
いのに、精神的な疲労が酷い。このまま二度寝したい気分だよ……。
 乱れた呼吸を整えながら、改めてヴィーを眺める。
「気が済んだかしら?」
 近くに立ったまま、澄まし顔でアタシを見ていた。
「ああ、一応な……」
 十割方納得いかないけど、ここはひとつの現実らしい……。夢を媒介にしてど
こか別の場所と繋がってるってのか? 寝ている相手の意識を一時的に召喚する
魔術は存在するけど、こいつらがソレを使っているとも考えがたい。
「おはよーございますー」
 快活な声をともにドアが開き、身長二メートルを越える大女が入ってくる。
 赤毛の混じりショートカットの黒髪と赤い縁の眼鏡。しっかりした体躯に浅黒
い肌、ワインレッドのベスト、純白のシャツとスラックスという服装も相まって
、どこか男のようにも見える。六本の腕を構え、満面の笑顔をアタシに向けてい
た。
「出たな変態蜘蛛女!」
 アタシは一度窓辺に跳び退ってから、蜘蛛女執事アートゥラを睨みつけた。右
手に魔力を集めながら、姿勢を低くして威嚇するように口元の牙を見せる。
 しかし、アートゥラはぱたぱたと右手の一本を振って、
「変態は余計ですよー。はい、笑ってー♪」
 ポケットからデジタルカメラを取り出す。
 それに反応して、ヴィーが素早くポーズを取っていた。身体を斜めに構えつつ
、ぴしっと伸ばした右手を顎に当てるような格好。目がキラリと光っている。
「デジカメごと吹っ飛ばしてみるか?」
 アタシは右手に作り出した稲妻の塊を見せつけた。パチパチと音を立てながら
、青白い光を放っている魔力の雷。本物の落雷ほどの破壊力は無いが、電子機械
類を修復不能にするには十二分な電圧である。
 残念そうにデジカメを引っ込めるアートゥラ。右手の指を咥えながら、
「リリルさんって写真取られるの嫌いなんですか? あ。もしかして魔族って写
真取られると魂を取られてしまうとか……?」
「単純に嫌いなんだよ――。写真は」
 デジカメを睨みながら、アタシは左手を動かす。元々盗賊家業だったし、他人
に姿を記録されるのが嫌いなのだ。それなのに何でやたら目立つ格好してんだよ
言うヤツもいるが、コレはコレ、ソレはソレ。アタシの格好は美学である。
 ちなみに今の格好は、何故かいつもの猫耳帽子に白いワンピースだった。寝る
前には普通に寝間着を着てた記憶があるんだけど、そこは考えても仕方ない。着
替える手間が省けたのはありがたいかな?
 アートゥラがカメラをしまうのを確認してから、アタシは雷を消した。もっと
も警戒は崩さないけどな。ヴィーに目を向け、改めて尋ねる。
「で、何でアタシを呼んだ?」
 ぴくりと動く白金色の眉毛。
 すっと腕を動かしてから、ヴィーがアタシへと向き直る。身体の向きを変える
だけなのに、余分な動作が入っているのは気にしちゃいけないんだろうな。
 ヴィーは右手を持ち上げ、ぐるりと動かした。屋敷全体を示すように。
「うちに何か変なのが出るのよ。それを何とかして欲しくてあなたを呼んでみた
の。そういうのに詳しそうだったから。荒事も得意そうだし」
「変なのって、いつも出てるだろ……」
 と、部屋の隅っこにいるリスか何かの幽霊を指差す。
 ヴィーは高性能アンデットという特性からか、幽霊などを引き寄せてしまうら
しい。そのせいで、この屋敷には動物の幽霊が多い。さながらペットのように。
 アタシの考えを察してか、ヴィーが腕組みをして首を傾げた。
「そういうゴースト類とは違うのよねー?」
「しかも、かなりすばしっこい相手で、わたしが捕まえようとしても逃げられち
ゃうんですよねー。時々日用品とか盗んだりして、困ってますー」
 両手の人差し指を突き合わせながら、アートゥラがため息をつく。デカい胸の
前で、両腕三対の人差し指をつんつんしていた。ガタイはでかいけど、蜘蛛執事
の素早さと糸の性能は本物。ネズミを捕まえられないってことはない。
「なるほどね……」
 綾指で顎を擦りつつ、アタシは尻尾を曲げる。
 幽霊とかそういうもんじゃないな。実体のあるヤツ。しかも、それなりに知恵
が回る。話聞く限り危害加える様子は無いようだけど、だからといって放ってお
くほど脳天気でもないようだ。
「当然無償とは言わないわ。それなりのお礼はさせて貰うわよ?」
 人差し指を立てながら、ヴィーが眉毛を動かした。青みがかった灰色の目を光
らせる。当たり前だけど、何か出すつもりらしい。
 うむ。依頼料ね……。
 どういうツテで手に入れたのか、この屋敷には金目の物がゴロゴロしてる。ヴ
ィーも相当に金持ちっぽいし、報酬を要求すればかなりの金額が手に入るだろう

 だがしかし。
 アタシは両手を下ろして、目蓋を下げた。根本的な問題を指摘する。
「金とか貰っても、アタシの現実に持っていけるか怪しいし、意味無いだろ……

「そうね」
 あっさりとそっぽを向くヴィー。
 前に貰ったクッキーも食べられはしたけど、その後包みは消えている。ここか
らアタシの現実に持ち出したものは、長くても数時間で消えるようだった。金品
貰っても消えたんじゃ意味が無い。アタシの嫌いなもののひとつに、"タダ働き"
ってのがある。
 でも、このままだと帰れなさそうなんだよなぁ……。
 あ。そうだ。
 アタシはアートゥラに指を向けた。
「じゃ、何か食わせろ。お前料理得意だろ? そうだな、甘い物がいいな。ケー
キとか洋菓子系もいいけど……最近は和菓子に凝ってる。団子とか羊羹とか。あ
と、緑茶だな。うん。そういうもん食わせてくれ、気が済むまで」
「リリルさん甘い物好きなんですねー」
 両手を組んでアートゥラが嬉しそうに笑う。
 アタシは手を引っ込め、胸を張って応えた。
「子供が甘い物好きで何が悪い!」
 大人の時は甘い者好きとおおっぴらに言えなかったが――今は違う! 子供が
甘い者を食べてもそれを不思議がるものは誰もいない。というわけで、子供のア
タシは好きなだけ甘い者が食べられるッ!
 ちょっと悲しいのは気のせいだ。
 ヴィーが天井に目をやりながら、しみじみと呟いている。
「この間食べたタライ羊羹は、美味しかったわ」
「タラ、イ……?」
 予期せぬ単語に、アタシは視線を泳がせた。
 あれだよな? スイカとか冷やす大型の桶。
 頭に浮かんだ光景は、タライサイズの超特大羊羹を食べるヴィーである。何か
の比喩とは思うけど、本気でタライサイズの羊羹食べたことあるのかもしれん。
見た目は小娘だけど、かなり特殊なアンデットだしな。
 ま、いいや。アタシはこほんと咳払いをする。
「とりあえず、だ。甘い物食わせてくれたら、ネズミ退治に協力する。それでい
いか?」
「いいわ」
 緩く腕を組んだまま、ヴィーが頷いた。
「その条件で交渉成立ね」


ミク描きなう

どうも白梅です。

ピアプロコラボ用ミクさんがけっこう良い進み具合であります。
なんか主線なしでコントラストばっちり効かせてみたらペルソナっぽいかんじにっ。
どう進み具合が良いの?と問われるとちぃと返答に困るんデスが、
しいて言うと詰まらずに描けるといったとこデスかね。

それにしても、日に日にパスが増し増しになり、メモリ不足でガン重になってきつつあります。
おニューのマシンが切実にほすぃ(;゚ Д゚)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。